エロ小説のようなブログタイトル・・・。

制服のままの駅員が 大量の水分でびしょ濡れになるというシチュエーション・・・
駅員好きなら みな一度は考えるに違いない・・・

小雨にすら ビニールをかぶせてしまうほど 水を嫌う駅員が
制服のシルエットが崩れるほど 濡れるときは

どんなとき?

どんな とき?

プールサイドを歩く駅員を
そっと突き飛ばしてみれば
あっさりと水に落ちる 昆虫のような腹部の駅員
・・・お お客さん・・
仰向けになって水の表面 じたばたする駅員を追いかけて
わたしも飛び込み
駅員に抱きついた
濡れた駅員の身体は だが 何も実体がなく 
ただ 服だけが ふわふわと舞っていた
だけど駅員のたましいは そこにあり
お お客さん・・・
濡れると駅員の輪郭は消滅してしまうのです、お客さま・・・
駅員の声だけが響き
駅員のネクタイだけ 濡れ踊っていた
濡れた駅員はとても美しいね・・・
わたしは駅員をぎゅうと抱き
揚げ物のよう
ふたりで踊り狂った



高松琴平電気鉄道株式会社(ことでん)が仏生山温泉とタイアップした広告が、あまりにインパクトがあり・・・濡れた駅員について、考えてしまいました。

FACEBOOKの 公開ページに写真がいくつかあります。
ポカリスエットと組んだ広告写真は やっぱりカッコイイ感じがします・・・。
駅員は凛々しくて かっこよい・・・
それで終われば よかったのだが

2nd Seasonは・・・
 駅 員 の ヌ ー ド つ き で あ っ た !!

うわあ・・・
うわ・・・
駅員は少し 架空の存在という魅力があったのだが・・・
こんな腹を
こんな背中を
持っているとは・・・

びみょうに衝撃を受けて しまいました。
脳裏から 消し去ることに 必死です・・・。

やっぱり 服というのは すごいものですね。
制服というのは すごい発明品なのだと 実感しました。



今日は はじめて IKEAに行きました。
いまさら・・・という感じでもありますが、事務所に書棚を買おうと思って、
田園調布駅から 無料のバスで 高速に乗って 港北店へ・・・。

これも、いろいろ、衝撃を受けて帰ってきました。

広大な敷地の店舗は、北欧文化、というか、やはり日本的でない文化が、そこにあり、
ドリンクバー70円、という、安さ・・・・
ショールームは 座ったり 寝そべったり 遊んだりできるし・・・
雰囲気がもう 日本じゃない感じ
どこかの空港のよう・・・

無料で東急バスに乗り 高速を走るというのも なんかぜいたくな時間でした。

東急の運転士と 夜景きれいだね・・・なんて デートでもしている気分・・・。

2階のショールームで、いい書棚を見つけ
1階の倉庫で すぐ 見つけられたのですが・・・
持てない・・・
どう考えても 女性が持てるものではありませんでした。
うーん、よけいに欲しくなってしまった(;;)

東急バスにも乗せてもらったし 本当にぜいたくな時間を過ごせて うれしかったです。
また今週もお仕事がんばります。